姫路不動産建築事務所

子育て奮闘中!一級建築士主婦の徒然日記

姫路の町屋・古民家に住みたい!?
0
    JUGEMテーマ:注文住宅
    私は、主婦で建築士
    世界遺産の姫路城近くに居を構え、最近思うこと。

    息絶え絶えの町屋、古民家を誰か住み継いでいただけませんか?
    夫は不動産業
    その関係で、城下町姫路の今となっては数少ない町屋の存続危機に結構出くわします。
    そのたび、
    誰か、住み継いで、と願うのですが、
    思ったような出会いを提供することが出来ずに悶々としています。

    姫路、古民家、町屋、
    購入、賃貸に関わらず、興味ある方は一報ください。
    売りたい方は、せっかちです
    持ち主に御不幸があった時など、突然の売買・賃借希望となりがちです。
    急に言われましても・・・。
    といった感じです。

    姫路駅近く、野里や材木町等、まさに姫路の中心部
    興味のある方は一報ください。
    出会いを求め、連絡いただけましたら、都度紹介いたします。
    世界遺産云々はさておき、城を抜きにしては語れない姫路の町をこよなく愛する一市民として、往時の姿を少しでも留めておき、そして体感したい、その一心で。

    私はヘリテージマネージャー、
    こんな現場も目にします。

    石場建の古民家の大引きで、樹齢さほどいかない杉の木です。
    よく見てください、
    周辺部の白い部分は無残に食されていますが、中心部分の赤身は残っています。これぞ教科書通りです。
    大引きに、杉の木?そりゃシロアリにやられるはずさ。
    ととるか
    弱い杉でも赤身なら白アリは嫌うんだ、
    ととるか。

    古民家に住む不安
    そんなことと対峙しながら探究している建築士は姫路にたくさんいます。
    少なくとも私の周りには。

    1軒でも多く住み継がれ、1人でも多く良い出会いに恵まれれば、
    こんな嬉しいことはありません。
    今、私が出来ること、
    こうやって、自宅のパソコンから発信することです。










     
    | - | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | -
    集成材に害虫が
    0
      JUGEMテーマ:注文住宅
      今年もはや5月、
      姫路でこのくらいの時期に出てくるのが、キクイムシです。
      家を新築すると、数種類の害虫に出くわし、戸惑うことがありますが、
      画鋲で刺したような穴
      木くず
      まさに奴らが抜け出した後です



      穴は大小ありますが、
      発見する成虫はもっと大きいです。
      どこかしらで我が家の木材を食べ成長してるのでしょう。
      構造材ではないことを祈ることにします。

      写真は杉の集成材です。
      新築3年目の去年の今頃発見し、
      「集成材にも虫が入ってるもんなんだ」
      と発見の喜びとともに、ショックを隠せずしばらく呆然と立ち尽くしていました。
      と、いってもこの部分、階段の蹴込板なので、階段にへばりついて見入っていたという感じですが・・・。

      あれから1年、
      同じ場所にまた木くずが落ち始めました。
      穴も順調に増えています。
      強度的には関係ないところとはいえ、いち早く成虫を発見して退治すると、そう心に決めました。

      花咲き乱れる5月
      家の外では蜂が巣作りを始める時期、
      飛んできました大きな蜂が
      また今年も狙われている、そんな気がします。

       
      | - | 09:25 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      薪ストーブと灰
      0
        JUGEMテーマ:注文住宅
        姫路でも昨日から花粉を感じます。
        そんなころ
        薪ストーブ用の薪置き場はこんな感じです。

        薪を消費すると、灰がたくさん出てきます。
        これは、ゴミとして出すか、畑にまくかどちらかでしょう。
        洗剤としても利用できるようです。
        春になるとバーベキューをする機会が増えるので、その時に一度やってみようと思っています。
        なんとなくよく油が落ちそうな気がする。
        というのも
        若かりし頃、サハラ砂漠ラクダツアーに参加し、ガイドのおじさんが、サハラの砂で食器を洗ってたのを目からうろこで見ていました。洗ってたというか、砂を付けてこすり落としていただけですが・・・。

        ところで
        姫路の皆様、
        野里の町屋に住んでみたいと思いませんか?
        大事に住み継いでいただける人にお売りしたいという方がいらっしゃいます。
        耐震・温熱環境等
        古民家といえば不安材料はたくさんあるかと思いますが、
        一つ一つ、一緒に考えていきましょう。
        維持管理がよくできている比較的大きな町屋です。
        興味のある方はご一報ください。


         
        | - | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | -
        手作り 学習机
        0
          JUGEMテーマ:注文住宅
          4番目の子どもの学習机、
          2年生の12月になってようやく出来ました。

          天板は50亳の杉、足は檜、棚板は松の集成材20mm、材料費なんと8000円
          驚きです。
          オイル仕上げなので、築3年が来ようとしている我が家の床や壁に色的に馴染みます。
          個人的には素木が好きなので、
          作成途中のこの状態のほうが見ていて心が躍りますが、

          やはり、汚れ対策として何らかの処置はあったほうがいいかな、と思います。
          2番目の娘の机は檜のムクですが、
          何の対策もしなかったので手あかが目立ってきました。
          そのうち直してあげます

          因みに、この机、
          DIY好きのご近所の知人作です。
          製作費は、
          子どもをスキーに連れていって差し上げること。
          現代版物々交換です。
          持つべきものは、多才な知人です。
          有難い有難い。



           
          | - | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
          薪ストーブといえばゴキブリ
          0
            JUGEMテーマ:注文住宅
              クリスマスが近づき、今年も薪ストーブが動き始めました。

            この時期、
            一つ嫌なことを挙げるとしたら、それはゴキブリをはじめとする虫たちの存在です。
            寒くなると通常私たちの目に触れない昆虫たち、なるほど冬眠の為、何処かで動かなくなっているのですが、それが何処かというと遠く海の果てとかではなく、我が家でいえば、庭に積んである薪と薪の間だったりするわけです。
            そりゃそうだ。

            ただ、それを知らないうちは、あと気が緩んでいると、至近距離で見ることになるので大層驚くわけです。
            加えて、彼らは何故だか大抵 
            群れを成す

            これはゴキブリではないので、呑気に息子と観察できましたが、
            これがゴキブリの場合は、早く燃やしてしまいたい気持ちと、火にくべるまでに冬眠から覚めたらどうしようという恐怖と戦いながら、時に成功し、時には失敗をしつつ、喜びと落胆を味わっています。

            そんなこんなで、我が家では悲しいかな、冬にゴキブリがでます。
            薪ストーブをお考えの皆様、これが真実です。
            虫が嫌いな方はよくお考えください。

            もっとっも、冬の彼らはすごく動きが遅いので、反射神経が鈍くともいとも簡単に退治できます。


             
            | - | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | -
            和装 バック
            0
              JUGEMテーマ:注文住宅
              随分と久しぶりのブログです。

              最近こんなものを作りました。

              紙袋みたいな手提げですが、

              祖母の着物をリメイクしました。

              必要に駆られないとなかなか重い腰を上げない私です。
              お茶席に行く時を含め、着物の時の鞄はちょうどいいのがなく困り果てるのは私だけではないと思います。
              勿論、嫁入り時に誂えてもらったものは有りますが、ご存じのとおり仰々しくて、派手すぎる。

              ならばと、母がなかなか捨てられない姑の着物を、娘の私が活用して差し上げたといったところです。
              天国の祖母もさぞかし喜んでることでしょう。
              しかし、
              着物が1着無くなったところで片付くような実家では御座いません。
              箪笥5竿くらい、得体のしれないものが日の目を見ずに眠っております。
              私がきっと何とかして差し上げる。
              そう誓って箪笥を後ににました。

              最近、建物をリノベーションする、なんて最近の言葉でかっこ良く表現していますが、私はそういう感覚が昔から大好きです。
              (本当は、建築士なのでそんな仕事をして、ブログに載せるべきですが・・・)
              裁断は、最小限に
              現状をよく把握し
              今に活かす
              着物であれ、建物であれ、これが私のスタンスです。






               


               
              | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
              台湾旅行
              0
                JUGEMテーマ:注文住宅
                この1月、母と台北に旅行に行きました。
                千と千尋の神隠しで有名な 九份 です

                ゆばーばが出てきそうです。
                ついでに 大きな紙風船みたいなものを願いを書き込んで空に飛ばしてきました。

                台湾の街並みは急速に変化しており、私が学生のとき (今から20年余り前) に見たそれとはかなりのギャップがありました。
                学生時代には気が付かなかったのですが、中国の影響で昔の建物は赤レンガで作られており、街並みは本当に美しい。

                こんな建物がそこかしこに普通に建っています。
                国の産業として観光業に力を入れているらしく、古い町並みはどんどん整備されています。
                日本も街並みにもっとお金をかけるべき、いつもそう思います。
                住宅設計に携わるとき、その家が古い集落に属している場合は特に外観には悩まされます。
                正直、失敗した・・・。というのもありました。大きな声では言えませんが・・・。

                台湾といえば3.11ではとてもお世話になった国、
                少しでもお金を落として帰ろうと思い、いろいろ土産を探しました。
                おすすめは革製品です。
                宗教上、ほとんど牛肉は食さない(マクドのハンバーグも牛ではない)台湾で、なぜか牛革の加工が盛んです。
                皮だけ中国等から輸入しているそうです。
                あまり華美ではないシンプルな製品が多く、実に私好みです。
                夫に財布を買って帰りました。
                お金を出したのは母ですが・・・。

                 
                | - | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                薪割り
                0
                  JUGEMテーマ:注文住宅
                  我が家の冬は、薪ストーブで暖を採ります。
                  正月明けですが、
                  今日もせっせと薪の準備をしていました。

                  しかし薪はひと夏越さないと使えませんので、今している仕事は、次の冬用ということになります。
                  なぜ今か、
                  ということになりますが、実はお隣さんが幸運なことに植木屋さんで、ちょうど良い木が手に入ったので頂いたのです。
                  こんな重労働、一人では大変と子供を駆り出しました。

                  この子はうち一番の働き者ですが、

                  この子はうち一番の怠け者です。

                  薪ストーブの導入に悩んでいる皆様、
                  すぐ上の写真の薪の状態のもので、我が家の場合約1か月分です。
                  ここ姫路は瀬戸内の割と温暖な気候なので、さほど多くはないと思いますが、一冬となると結構な量になります。
                  薪ストーブをお考えの皆様、
                  わが家の薪の準備、大変そうに見えるやもしれませんが、夫は楽しくやってます。
                  薪が並ぶと壮観で、なんだか気分がいいもんです。

                  近々住宅の省エネルギー基準が義務化されます。
                  暖冷房の設備効率まで設計時に要求されるようになります。
                  1次エネルギーに換算して判断するのですが、その場合薪ストーブは有利です。
                  因みに最も不利なのが、深夜電力です。
                  送電や保温によるロスを考えると最もエコロジーではないと言うことでしょう。
                   
                  | - | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                  猫のマーキング対策
                  0
                    JUGEMテーマ:注文住宅
                    「ブログ、更新してないね」
                    と、年賀状にあったので、重い腰を上げました。

                    野良猫
                    私は今までこれのマーキングと闘っていました。

                    といっても、数週間ですが・・・。

                    我が家にはウッドデッキがあり、洗濯物を干したり、夏は夕涼みをしたりと当たりもよく生活には欠かせない場所なんですが、ある日いつもと違う匂いに気づきました。
                    ああまた、夫たちの剣道の胴着が匂っているんだと、確かめもせず、そのまま 1週間、 10日くらい経ったでしょうか、あまりに強烈な猫の小便の臭いを、バスマットに感じ、すぐさま対策を練りました。

                    それまで10日ほどは、臭いの場所を特定できず、辺りを嗅ぎまわっては結局剣道の胴着のせいにして終わらせてしまっていたのですが、たまたまその日は干していたバスマットがマーキングの場所に落ちたため、幸か不幸か犯人が判明したという次第です。

                    何せ 匂います。 あっ間違えた 臭います。 本当に、不快です。

                    すぐさまパソコンを開き猫の生態を調べました。
                    なかなか猫というのは一筋縄ではいかないようで、これには皆様苦労の連続のようです。
                    とにかく調べていくうちに情報が多すぎて邪魔くさくなり、手当たり次第他人に聞くことにしました。
                    手がかりが見つかりました。
                    とある高校で住居学を教えているのですが、折角大勢いるので生徒に訪ねてみたところ、臭いには臭いで対処できるよ、とのこと。実際の成功例と運よく遭遇することが出来ました。
                    彼女が言うに、ねこのマーキンング対策用の強烈な芳香剤みたいなものが市販されているようです。

                    が、我が家の庭は狭いので、近所への配慮が必要です。
                    悩んだ末、代わりににんにくを撒くことにしました。

                    私がとった猫のマーキング対策です。
                    1、猫の小便をとにかく洗いながす
                    2、臭いを完全に消すために、希釈した塩素系漂白剤を撒く
                    3、侵入通路に障害物を置く
                    4、違う匂いをつけるためスライスしたにんにくを撒く

                    あれから2か月、今のところ我が家で再びマーキングしているようすはありません。

                    補足、3ですが、近所の山で採取した葉が鋭い木の枝です。

                     
                    | - | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                    緑のカーテン・・・ヘチマ編
                    0
                      JUGEMテーマ:注文住宅

                       今年は、緑のカーテンに、ヘチマを選んでみました。

                      去年のゴーヤと比べると、日よけとしては、こちらの方が優れているように思います。
                      やや葉が大きいのと、水やりをしなくても非常に元気です。
                      (今年は雨が多かったからかも・・・)
                      ゴーヤもそうでしたが、やせた土地でもよく育ちます。
                      地面にそのままじか植えで、これです。
                      ホームセンターに売っている100円くらいの苗を、1つだけ買ってきて植えてみました。

                      因みに背後に写っているのは、剣道の胴着です。
                      我が家の男ども3人分なので、そのにおいたるや強烈です。
                      今、直射日光に当てて殺菌しているところです。
                      直射日光なんてもってのほか!!!風通しのよいところで陰干しするものだ!!!
                      と言われましたが、そんなこと聞けません。
                      だって、臭いもの。
                      でも、一番臭いのは、胴着ではありません、剣道のとき手につけるコテとか言うやつです。
                      足のにおいがします。
                      本当です。
                      においのせいで、頭痛がします。
                      住環境を悪化させない為、なんと言われようと、私はこれらを日光に当てて殺菌します。

                      話がそれましたが、
                      ヘチマは、葉だけではなく、花も大きく美しいです。

                      それから、ご存知のとおり、実もなります。

                      この程度の大きさなら(20cm程度)食べられるというので、食べてみました。
                      癖もなく、ズッキーニみたいな感じです。
                      揚げ物、炒め物、味噌汁の具と、我が家では美味しくいただきました。

                      去年のゴーヤは、実が多少つきましたが、土が悪かったのか(庭に地か植え)苦くて食べられませんでした。

                      日よけ効果ですが、
                      実際裏から見るとこんな感じです。
                      緑の感じがいいでしょう?
                      結構癒されます。
                      これから、ヘチマ水の採取と、ヘチマタワシをつくる予定です。
                      なんて言うと、生活をのんびり楽しんでいるように思えて、なんだかちょっと楽しくなります。
                      (実際は、面白くない仕事に直面し、心が折れそうですが・・・。)

                      姫路で家を建てたい方、
                      ただ
                      楽しく家を建てたい方、
                      私がお手伝いいたします。

                      参考までに、これが去年のゴーヤです。


                      来年はなににしよう。

                      | - | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | -
                      このページの先頭へ